認定特定非営利活動法人
教育活動総合サポートセンター
不登校などの子どもたちを支援する川崎市高津区にあるNPO法人のホームページです
教育会館マップ
ホーム
平成30年度の研究報告会は終了しました
テーマ
   不登校・いじめ等への対応
      
~合理的配慮に基づく多様な学びをめざして~
平成30年度の研究報告会は、平成31年2月23日(土)午後、川崎市教育会館で実施する予定です。
平成30年度 研究概要
★平成30年度 研究報告会のご案内はこちらから⇒⇒⇒PDF
平成30年度研究報告会のご案内はこちらから(PDF)
ホーム
平成30年度の研究報告会は終了しました
本年度の研究報告会の様子は、こちらから
2018年(平成29年度)の
報告会の様子へ
2019年(平成30年度)の
報告会の様子へ
 障害者差別解消法の施行に合わせ、「合理的配慮」に焦点をあてて研究に着手して3年目を迎えます。当サポートセンターには、様々な悩みを抱えた子どもたちが通ってきます。私たちはその悩みや辛さをもたらしているものを「その子にとっての障害」ととらえ、合理的配慮を考えてきました。
 「その子にとっての障害」は一人ひとり異なっていて、支援の仕方も一様ではありません。しかし、支援が成り立ったときには合理的配慮ができていたと考えています。まずは、どの子どもも安心できる場所を提供し、多様なニーズに適した支援を行うことをめざして実践に取り組んでいます。
 
 研究の方法としては、実践事例の検討とこどもサポートスタッフ全員へのアンケートを中心に進めています。
内閣府のパンフレットへリンク
法律へリンク